確実で安心な物理的な方法

日々ビジネスを展開していると大容量のデータを持ち出さなければならないことがあります。大切なデータですので破損したりせずに確実に持ち出したいものですが、それにはやはりSDカードやフラッシュメモリ、CDなどにデータを転送するのが最適です。また、印刷して書類として持ち出すという方法もあります、現実的ではありませんがそれらをファックスで転送するという方法もあります。多少時間がかかるかもしれませんがこうした物理的な方法はIT社会でも確実な方法として重宝されます。

IT技術を利用して持ち出さない

昨今ではデータを持ち出すという概念も変わりつつあります。例えば資料として保存したデータを訪問先で見せたい場合、少なくとも何らかの記憶媒体が必要でした。しかし、ビジネスに必要なノートパソコン1台あればもう記憶媒体は必要ありません。それを可能にしたのはクラウド技術です。web上の架空の記憶領域にデータを保存しておけばアカウントで管理されますのでパソコンがあればいつでもデータを取り出すことができます。転送の新しい形と言えるのではないでしょうか。ただし、データが正しく取り出せないなどの不具合がある可能性があるということも理解が必要です。

預けたものを資料にする

また、クラウド技術は様々なシーンで用いられています。例えばこれを応用したのがプリントサービスです。事前の登録などが必要ですが、web上に保存したデータをパソコンで取り出すのではなく、コンビニなどの多機能プリンターに転送しプリントアウトして取り出すことができます。例えば会社にいる人にデータをweb上に保存してもらい、出張先でプリントアウトするということも可能です。急な出張で必要なデータを会社に忘れた時などに重宝される転送方法ではないでしょうか。

大容量ファイルは、大規模なメールやデータなどの処理をしたい場合に、有効に活用できることがメリットです。