システム開発のイメージはどんなもの?

システム開発のイメージと言われると、いつもパソコンに向かってプログラムを書いているイメージが有るかもしれません。実際には、プログラムを書く工程は全体の中の一部だけでしかなく、他の工程ではお客様との打ち合わせでシステムの動作を検討したり、仕上がったプログラムがお客様の要求どおりに動作するかをテストするなどの工程があります。これらの段階を一歩ずつ踏んでいってようやくひとつのシステムが出来上がるんですよ。

システム開発で気を付けたいポイント

システム開発を始めるときには、完成したシステムの納期を決めます。納期までに、システムの仕様を固め、仕様通りに動作する処理を設計し、プログラムを作り、仕様通りに動作するかテストを行います。これだけのステップを踏んでいくので、どこかでトラブルが生じることは避けられないでしょう。そのため、納期までのスケジュールに余裕をもたせたり、確実に問題なく進めているかをチェックするマイルストーンを設定して、着実に開発を進めていく仕組みづくりが大事ですよ。

システム開発の成果物とは?

システム開発は複数のステップで進んでいきます。その各段階で、それぞれ成果物を作り、次の工程のインプットになります。一番最初にはお客様との打ち合わせでシステムの要件定義を固め、要件定義書を作成します。要件定義書は次のステップにおいて、システムの設計書のもととなります。設計段階の成果物は設計書、次のステップのプログラミング工程の成果物はプログラム、最後のテストの工程での成果物は、テスト結果報告書です。

notesの受託開発は、依頼した内容をしっかりと踏まえた開発をしてくれますので、安心して仕事を依頼出来ます。