そのオーダーの仕方、大丈夫ですか?

美容室でのヘアカット後、「こんなはずじゃなかったのに」...なんて思ったことはありませんか?恐らくだいたいの方が、髪の毛を切りすぎてしまったり理想通りにならなかったなどという経験があるかと思います。そもそも髪型というのは自分自身のモチベーションだったり、他人の第一印象にも関わる大事なもの。理想通りの髪型になるには、美容師さんへのオーダーの仕方がとても重要になってくるのです。おまかせだったり、適当に頼んだ時には後悔する髪型になってしまうので、オーダーの仕方が大切になってきます。

どうやってオーダーしたらいいの?

短めでなどといったおおざっぱな伝え方では美容師さんにもあまり伝わらず、それなりの髪型になってしまいます。それでは理想の髪型をオーダーするにはどうしたらいいのか?それはまず最初に、なりたい髪型を自分自身で明確に決めること。こうなりたいという雰囲気でもいいのです。ふんわりとした髪型がいいなどといった、目標を持ちましょう。そしてなりたい髪型の写真などを見せて明確に伝えます。髪質や長さによって限られてしまう可能性もありますが、そこは髪の毛のプロである美容師さんに相談してみましょう。きっと理想の髪型に近づけるようにしてくれるはずです。

似合う髪型がわからない場合は?

自分でなりたい髪型が見つからない場合やどうしたらいいのかわからない場合には、身近な人に相談してみるのもいいでしょう。家族や友人など、周りの人は客観的な視線を持っているので、こういう髪型が似合うと思うなどのアドバイスをくれるかもしれません。それでも解決しない場合は美容室に行った際、美容師さんに相談してみましょう。髪質や顔の形、雰囲気から似合う髪型をアドバイスしてくれるので、それもおすすめです。ただ、その際の注意点として、これ以上は切りたくないなどといった境界線をあらかじめ作っておきましょう。短く切りすぎてしまうと伸びるまでに時間がかかってしまうので、それも後悔しない髪型になるためのポイントです。細かく伝えて理想な髪型を目指しましょう。

ヘアカットの1000円は都心にある一部の店舗では電子マネーを使える場合があるので、財布の中に現金がなくても利用出来る事があります。