不況に強いフランチャイズ

フランチャイズという言葉が流行始めたのは1980年代ぐらいからですが、日本で一番最初のフランチャイズとしては1974年までさかのぼります。つい最近流行始めた思ったら意外と歴史が古いことに驚いている人もいるかもしれませんね。最初のフランチャイズはコンビニです。フランチャイズはその後大流行して行きますが、その理由の一つは不況にも強いと言うことですね。サラリーマンを辞めてわざわざフランチャイズを始める人も多いのです。

フランチャイズのメリットとは

フランチャイズのメリットとはいったいなんでしょうか。その一つはやはりすでに知名度のある名前を利用することができる点ですね。借りに、もし自分の名前を使ってお店を始めても出だしでつまずいてしまう可能性が高くなっています。この点、フランチャイズはすでにブランド化されているお店の名前を利用することができるため、開店初日から千客万来ということが実現します。うまくいけばその後もお客さんの数は増え、売り上げが倍増するに違いありません。

問題点も知っておこう

フランチャイズにはブランドを使うことができると言うメリットがある反面、問題点もあります。それは、お金さえ出せば同じお店をもつことができる点です。たとえば、自分がフランチャイズを始めたときには周りには類似のお店は一切なかったため売り上げを独占できますが、同じ加盟店のお店が周りにできはじめると事前にお客さんが分散してしまうのです。この場合には、お店で働く人の個性を出して行くしかありませんね。最初から個性を全面に出すことが大事です。

代理店とはメーカーや小売店と直接代理契約を交わし、一定範囲の権利や業務を代理で行う企業や店のことを言います。